セラミド化粧品が敏感肌にも良い本当の理由!!

メディプラスゲル保湿

 

 

加齢や季節の変化により肌が荒れやすくなったり敏感肌や乾燥などの肌トラブルがでてくることがあります。

 

ちまたでは「セラミド化粧品」が肌トラブルに効果的な保湿に良い商品だとよく耳にします。

 

しかし、セラミド化粧品は敏感肌の方が使用しても大丈夫なのでしょうか?

 

セラミドがどういう役割を果たしているのかを調べていくと、セラミドが敏感肌でも大丈夫なことがわかりました。

 

むしろ敏感肌だからこそ使いたい成分なのです。

 

セラミドと一言で言っても実は様々な種類があります。

 

数あるセラミドの中でも敏感肌の人が補いたいのは「人型セラミド」というセラミドです。

 

セラミドとは本来人間が肌にもっている成分で、人型セラミドはその成分に近い成分なので、肌が安心して受け入れてくれるのです。

 

それは具体的にはどういうことなのか、次に説明していきます。

 

敏感肌とはどんな状態か?

 

敏感肌とは、肌のバリア機能が低下し、間違ったスキンケアや、アレルギー、食生活の乱れなどにより肌の角質層が荒れたり、肌のターンオーバーが正常に行われなくなることで、外部からの刺激に弱くなり肌の水分量も保持されにくくなった状態です。

 

このような敏感肌の状態では、化粧品が肌にしみてひりひりしたり、肌に赤みがでたり、髪の毛が肌に触れるだけでかゆみが出る場合もあります。

 

敏感肌にはセラミドを補うと効果的

 

そんなつらい敏感肌にはセラミドが効果的です。

 

セラミドは肌の表皮の角質層にあり、細胞間脂質のうち、約半数がセラミドでできています。

 

細胞間脂質には肌の保湿力を高め水分を維持する働きがあり、細胞同士の間をうめることにより外からの刺激に負けない肌を作ります。

 

このように肌に重要な成分であるセラミドは、年齢とともに減少していきます。

 

そして減少したセラミドを化粧品などで補うことが有効なのです。

 

それが人型セラミドです。

 

人型セラミドとは

 

冒頭でもお話した通り、セラミドと言ってもたくさんの種類のセラミドが存在します。

 

その中の一つ、人型セラミドを取り入れることが重要になります。

 

人型セラミドとは人が本来角質層に持っているセラミドと同等に近い構造を持っているセラミドです。

 

他種類のセラミドに比べ、浸透力や保湿力が高いことが特徴です。

 

また、人の肌にもともとある成分に近いため、外部からの刺激として認識されにくい保湿成分なのです。

 

そのため、敏感肌の状態でも取り入れやすく、保湿をしっかりと行い肌のバリア機能を高めることで、肌トラブルの改善につながるのです。

 

まとめ

 

セラミド化粧品、特に人型セラミドの配合された化粧品が、敏感肌の方が使っても安心で効果的だということがわかりました。

 

またセラミドは油溶性の成分なので化粧水より、ゲルや美容液などで補うほうがいいでしょう。

 

人型セラミド配合のオールインワンゲルには「メディプラスゲル」という商品もあります。

 

気になる方は公式ホームページで確認してみてください。

 

>>> メディプラスゲル公式サイトの確認はこちらから

 

 

関連ページ

玉造温泉のオールインワン化粧品が美肌に効果的だった!
温泉の水をつかったオールインワン化粧品を!美肌の湯で有名な玉造温泉の温泉水でできたオールインワンゲルが美肌に効果的な理由とは!?